FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教芸術学会設立の会開催(2017年6月10日)

2017年6月10日、東京大学(本郷キャンパス)において「仏教芸術学会」設立の会が予定通り開催されました。
当日は、賛同者76名に、出版・報道関係者を含む当日参加者28名を加え、計104名の方にお集まりいただきました。

司会:長岡龍作(東北大学)
基調講演
 ①有賀祥隆(旧編集委員/東京藝術大学・東北大学)「法隆寺金堂壁画の諸問題」
 ②藤井恵介(旧編集委員/東京大学)「中世建築様式の新理解」
趣旨・経過説明:浅井和春(旧編集委員/青山学院大学)
規約案等説明・審議:藤岡穣(大阪大学)
設立準備委員会の提案:根立研介(京都大学)

設立の会の後、続いて設立準備委員会が開かれ、その体制などについて協議を行いました。

設立準備委員会の編成について(変更のお知らせ)

設立準備委員会の編成について(2018/02/28)
仏教芸術学会では、論文雑誌の翻訳刊行等を見据えた今後の国際化へ向けた取組みとして、新たに設立準備委員の委嘱をいたしました。併せて、学会運営の円滑化のため委員による事務分担を下記の通り決定いたしましたので、お知らせします。
【新規委員】井手 誠之輔
【事務分担】会計:武笠 朗 学会誌編集:藤岡 穣 広報:大河内 智之

2017・2018年度の会誌発行が各1冊となる見通しについて

2017・2018年度の会誌発行が各1冊となる見通しについて
 会誌の刊行冊数につきましては、年2冊を目処として計画しておりますが、学会設立初年度である2017年度については1冊のみの刊行として準備を進めているところです。
 また、創刊号につきましては、当初は2018年5月の刊行を目指して論文の募集、査読等を進めて参りましたが、より充実した内容の創刊号とするため、刊行時期を2018年9月下旬に延期いたしております。こうした事情により創刊号については、2017年度会費をお支払いいただいた方にお送りすることとなります。
 なお、この創刊号の刊行予定時期の遅れにより、第2号の刊行時期は2019年3月頃となる見込みです(2018年度末)。かつ1月末時点での会員数の状況からは、2018年度会費での刊行も1冊に留まるのが現実的な状況となっております。
 ただいま「仏教芸術学会」設立準備委員会では毎年度2冊の刊行を実現するべく、学会運営の安定化に努めております。会員の皆様におかれましては、なにとぞご理解の上、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

創刊号掲載原稿の再募集について

創刊号掲載原稿の再募集について
 創刊号につきまして、当初は2018年5月の刊行を目指して論文の募集、査読等を進めて参りました。しかしながら、委員会で種々議論した結果、より充実した内容の創刊号とするため、刊行時期の延期と、投稿論文の再募集を行うことを決定いたしました。
 再募集の締切は2018年3月末日(必着)とし、 創刊号の刊行は新たに2018年9月頃を目標といたします。会員の皆様におかれましては、ふるってご投稿下さいますよう、お願いいたします。
  投稿先
  〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
  大阪大学文学研究科芸術史講座気付 仏教芸術学会誌編集事務局
  Tel 06-6850-5126(大阪大学日本・東洋美術史研究室)
 査読結果は2018年5月初旬を目処に、執筆者にご連絡いたします。また、掲載が決まりましたら英文要旨の提出をお願いいたしますので、その旨ご承知おき下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。