Latest Entries

国際シンポジウム「徹底討論・大徳寺五百羅漢図の作品誌」のお知らせ

大徳寺五百羅漢図(重要文化財)をテーマにした国際シンポジウムが、九州大学を会場に開かれます。
このシンポジウムは、文部科学省科学研究費基盤研究(A)「作品誌の観点による大徳寺伝来五百羅漢図の合的研究」(研究代表者: 井手誠之輔)及び、世界トップレベル研究者招へいプログラム(Progress100: 人社系学際融合リサーチハブ形成型)の一環として開催されるものです。仏教芸術に関する注目されるシンポジウムとしてご紹介します。

国際シンポジウム
徹底討論: 大德寺伝来五百羅漢図の作品誌
-地域社会からグローバル世界へ-

日時:平成30年(2018) 6月2日(9:30~18:10)・3日(10:00~18:00)
会場:九州大学箱崎文系キャンパス大講義室


開催趣旨
 京都大徳寺に伝来してきた五百羅漢図は、1幅に5人の羅漢をあらわし、都合100 幅で構成される壮大な作例です。大徳寺が 88 幅を所有し、アメリカのボストン美術館に 10 幅、フリーア美術館に 2 幅が分蔵されています。早くから南宋仏画の優品として知られてきましたが、2009年夏、奈良国立博物館で開催された『聖地寧波展』ではじめて全容が公開されて以降、大きく研究が進展し、南宋時代における浙江省寧波地方の地域社会や仏教信仰の実態に即して語りうる事例として、再び、注目を集めています。
大徳寺本は、13世紀には故郷を離れて鎌倉時代の日本に将来され、長らく異国の地における羅漢図制作の規範とされてきました。近代になるとアメリカの東海岸で展覧会(1894年)が開催され、その後の東海岸における分蔵を契機として、欧米では中国を代表する宗教画として認知され、さまざまな東西比較の議論を惹起してきました。
 大徳寺本は、その誕生から今日に至るまで、さまざまな異なる時空のコンテクスト間を越境移動してきたことになります。その履歴を起点に展開してきた事象は、仏画制作と地域社会、外来美術の受容、美術の制度と古美術、東西美術の比較考察という今日的な美術史学の課題を網羅するだけでなく、仏教史や歴史学、宗教学、文化人類学などのさまざまな人文学の領域に対して、雄弁な視覚資料を提供しています。
 本シンポジウムでは、モノの社会生活や越境移動に注目する作品誌の観点から大徳寺本の歴史的役割を検証し、一作品がローカルであると同時にグローバルな言説に対しても開かれた存在であることを明らかにし、文物研究に対する新しい人文学的アプローチを提示したいと考えています。関心をお持ちの方々のご参加をお願い申しあげる次第です。

※参加登録必用(e-mail/FAX) シンポジウム公式ウェブサイトよりお申し込み下さい。

daitokujisynpo

問い合わせ先
九州大学大学院人文科学研究院 井手研究室
e-mail: kyushu_common@yahoo.co.jp

仏教芸術学会設立の会開催(2017年6月10日)

2017年6月10日、東京大学(本郷キャンパス)において「仏教芸術学会」設立の会が予定通り開催されました。
当日は、賛同者76名に、出版・報道関係者を含む当日参加者28名を加え、計104名の方にお集まりいただきました。

司会:長岡龍作(東北大学)
基調講演
 ①有賀祥隆(旧編集委員/東京藝術大学・東北大学)「法隆寺金堂壁画の諸問題」
 ②藤井恵介(旧編集委員/東京大学)「中世建築様式の新理解」
趣旨・経過説明:浅井和春(旧編集委員/青山学院大学)
規約案等説明・審議:藤岡穣(大阪大学)
設立準備委員会の提案:根立研介(京都大学)

設立の会の後、続いて設立準備委員会が開かれ、その体制などについて協議を行いました。

設立準備委員会の編成について(変更のお知らせ)

設立準備委員会の編成について(2018/02/28)
仏教芸術学会では、論文雑誌の翻訳刊行等を見据えた今後の国際化へ向けた取組みとして、新たに設立準備委員の委嘱をいたしました。併せて、学会運営の円滑化のため委員による事務分担を下記の通り決定いたしましたので、お知らせします。
【新規委員】井手 誠之輔
【事務分担】会計:武笠 朗 学会誌編集:藤岡 穣 広報:大河内 智之

2017・2018年度の会誌発行が各1冊となる見通しについて

2017・2018年度の会誌発行が各1冊となる見通しについて
 会誌の刊行冊数につきましては、年2冊を目処として計画しておりますが、学会設立初年度である2017年度については1冊のみの刊行として準備を進めているところです。
 また、創刊号につきましては、当初は2018年5月の刊行を目指して論文の募集、査読等を進めて参りましたが、より充実した内容の創刊号とするため、刊行時期を2018年9月下旬に延期いたしております。こうした事情により創刊号については、2017年度会費をお支払いいただいた方にお送りすることとなります。
 なお、この創刊号の刊行予定時期の遅れにより、第2号の刊行時期は2019年3月頃となる見込みです(2018年度末)。かつ1月末時点での会員数の状況からは、2018年度会費での刊行も1冊に留まるのが現実的な状況となっております。
 ただいま「仏教芸術学会」設立準備委員会では毎年度2冊の刊行を実現するべく、学会運営の安定化に努めております。会員の皆様におかれましては、なにとぞご理解の上、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

創刊号掲載原稿の再募集について

創刊号掲載原稿の再募集について
 創刊号につきまして、当初は2018年5月の刊行を目指して論文の募集、査読等を進めて参りました。しかしながら、委員会で種々議論した結果、より充実した内容の創刊号とするため、刊行時期の延期と、投稿論文の再募集を行うことを決定いたしました。
 再募集の締切は2018年3月末日(必着)とし、 創刊号の刊行は新たに2018年9月頃を目標といたします。会員の皆様におかれましては、ふるってご投稿下さいますよう、お願いいたします。
  投稿先
  〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
  大阪大学文学研究科芸術史講座気付 仏教芸術学会誌編集事務局
  Tel 06-6850-5126(大阪大学日本・東洋美術史研究室)
 査読結果は2018年5月初旬を目処に、執筆者にご連絡いたします。また、掲載が決まりましたら英文要旨の提出をお願いいたしますので、その旨ご承知おき下さい。